借金の返済期日に間に合わない時にするべきこととは?

借金をする時、返済計画を立てたり、自分の収入に見合った
返済方法を選んでローンを組むでしょう。

 

とはいえ、急な出費や勤務先の倒産、病気などで働けなくなる
など、返済が滞る場合もあるかもしれません。
クレジットカードは便利ですが、実際に現金をやり取りしない
ことで感覚が麻痺しカード払いを繰り返した挙句、想定外の
金額を請求されて払えなくなったという話もよくあるようです。

 

借金の返済が滞りそうな時は、必ず借入先に連絡を入れましょう。

 

返済実績があれば大抵の場合、一ヶ月程の返済猶予を受けられます。
ボーナス払いにしてもらうなど、返済できる日付に間違いのない
よう確認の上交渉して下さい。
すべての金融機関が返済期日を伸ばしてくれるとは限りませんが、
放置してはいけません。

 

また、重い利息を払い続けていた場合など過払い金の返還が
請求でき、まとまった金額が返還されることもあります。
どうしても返済の目処が立たない人や自己破産を考えている人は、
債務整理について弁護士に相談して下さい。

 

自己破産をすると職業制限や資格制限がかかったり、官報に
自己破産の事実が掲載されるというデメリットがあります。
銀行・クレジット会社・消費者金融からの借金には時効があり、
時間が経過すると貸し手側が借金を請求する権利を失いますが、
時効期間が経過しただけでは借金はなくなりません。

 

条件や様々な手続きが必要となりますので、借金の返済に困った
時は放置せず、弁護士の無料相談を利用したり、必要なら依頼して
放置しないことが大切です。